JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

Piano Ahiahi

by Pālea

 

ʻAuhea wale ʻoe e piano ahiahi

Hoa ʻaloʻalo o ke kulu aumoe

 

Hoʻolono i ka leo o ke kāhuli

Leo honehone i ka pili o ke ao

 

ʻO ʻoe a ʻo wau ka i ʻike iho

I ke aniani o ka moku Naukilo

 

Aia i ka luna i Māʻeliʻeli

Ka neneʻe a ka ua Pōʻaihale (Pōʻaihala)

 

Haʻina ʻia mai ana ka puana

Hoa ʻaloʻalo o ke kulu aumoe

<解説>

19世紀に書かれた古い詞。作者はパーレアという名のハワイ島カウー出身のチャンターだという。それは、カラーカウア王に仕えた王室付きのチャンター、James Pālea Kapihenui Kuluwaimaka(1845〜1937)とも、彼の弟のPālea(1852〜)とも言われている。ふたりとも名前にパーレアがつくので、それがややこしい。

 

2番のカーフリは、ハワイ固有種のカタツムリのこと。古代ハワイアンは夜にカタツムリが鳴くと信じていた。もちろん、鳴くのはカタツムリではなくて虫だ。もしかしたら、ハワイアンにとっては、虫もカタツムリも同じようなものだったのかもしれない。

 

3番のノーティラスは船の名前。1870年代にサンフランシスコとホノルルを航海するノーティラス号という船の宣伝広告を当時の新聞に見つけた。ただ、その船が歌に出てくる船と同一かどうかはわからなかった。

 

4番のマーエリエリはハワイ島カウー地区にある地名だけれど、オアフ島カハルウにある丘の名前でもある。ポーアイハレ(またはポーアイハラ)はカハルウに降る雨の名前。

 

ナーパラパライのバージョンは最後に以下の言葉が入る(聞き取り)。

   Ua lohe i ka poli nani o ka mea

   Kani honehone i ke kulu aumoe

 

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.