JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

Ka Manu

traditional

 

ʻAuhea wale ʻoe e ka manu

Kuʻu hoa ʻalo leo o ka pō anu

 

Mea ʻole ia anu a i ka manaʻo

Ke koʻiʻi koi mau a ka puʻuwai

 

Na wai nō ʻoe e pakele aku

Ua like me ka liko aʻo ka lehua

 

Ka maka o ka lehua ka mea aloha

Ka wehi holu mai ma ka hikina

 

E honi kāua e ke aloha

Ke noe mai nei ka pua lehua

 

Alia ʻoe aʻe pūlale mai

A hala o maile lau kapalili

 

Ua hana pono ʻia koʻu manaʻo

E ka lei hulu nani hulu melemele

 

Haʻina ʻia mai ana ka puana

Goodbye kāua me ka ʻehaʻeha

カ・マヌ

対訳:神保 滋

 

 

あなたはいったいどこに、鳥よ

私の友よ、寒い夜を共に過ごしてくれる

<解説>

デニス・パヴァオの音源に基づいている。

huapala.orgによると、愛し合う若い男女が親の反対で結婚できなかった悲恋の物語が歌になった。スラッキーギタリストのアリス・ナーマケルアが少女だったとき、実際に本人の男性に会って話を聞いたという。そのとき男性はすでに50代であり、一度も結婚をしたことがなかった。女性のほうも独身を通したという。

 

一番しか訳していないが、ここの訳が歌を解釈するキモだと思う。

ここは、アロ(ʻalo)とレオ(leo)のおかげで解釈の違いを生んでいる。アロには、"ごまかす" という意味もあるから "ごまかす声" という見方もできる。しかし、クウ(kuʻu)がつくのだから友(hoa)は大切なひとだ。ごまかすような相手ではない。たぶん、ホアは愛する相手。だからアロのもうひとつの意味、"共にいる"と解釈して、アロ・レオで声を共にする、つまり愛のことばを交わすことと捉えた。訳では、"共に過ごしてくれる" とシンプルにしている。

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.