JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

How Can I Get Over

by Lloyd Forrester

 

Standing on the side of hell

Looking on the side of heaven

How can I get over

Trying so hard to move my feet

But it seems I'm sinking deeper

How can I get over

 

 *I wanna know (I wanna know)

   I wanna know yeah (I wanna know)

   Na na na na, how can I get over

 

Living all my life in sin

Don't know where I missed comin' in

How can I get over

Now that I can't wait no longer

Livin' hard in pain and hunger

How can I get over

 

 *chorus

 

Jake Shimabukuro's solo

 

Living all my life in sin

Don't know where I missed comin' in

How can I get over

Now that I can't wait no longer

Living hard in pain and hunger

How can I get over

 

 *chorus

ハウ・キャン・アイ・ゲット・オーヴァー

対訳:神保 滋

 

地獄のほうに立って

天国のほうを見ている僕

どうすれば乗り越えられるんだろう

なんとか足を動かそうとしても

ずぶずぶと沈んでいくようなんだ

どうすれば乗り越えられるんだろう

 

  *僕は知りたい

 知りたいんだよ

 ねえ、どうすれば乗り越えられるんだろう

 

罪にまみれた僕の人生

どこで道をはずしたのかわからないんだ

どうすれば乗り越えられるんだろう

もう僕はがまんができない

苦痛と飢えに耐えて生きるのは

どうすれば乗り越えられるんだろう

 

  *コーラス

 

ジェイクのソロ

 

罪にまみれた僕の人生

どこで道をはずしたのかわからないんだ

どうすれば乗り越えられるんだろう

もう僕はがまんができない

苦痛と飢えに耐えて生きるのは

どうすれば乗り越えられるんだろう

 

  *コーラス

<解説>

ピュア・ハートの2作目「Pua Heart 2」(1999年)からの大ヒット曲であり、彼らの代表曲ともなった。ヴォーカル担当だったジョン・ヤマサトのお気に入りだったようで、ソロになった後も彼のメインレパートリーのひとつである。

曲調はいたって明るく心地よい。しかし、歌詞はそれに対してあまりにもミスマッチで、暗くてしんどい。Kaulana Nā Puaに代表されるように、内容はシビアでも歌は陽気なメロディでいくのがハワイアンソングの特徴のひとつ。この歌もそうしたハワイアンらしい歌だと思っていたら、原曲はジャマイカのバンドであった。

 

オリジナルは、ジャマイカのレゲエバンド、シャンテルズ(The Chantells)の歌。メンバーは、ロイド・フォレスター、サミュエル・ブラムウェル、トミー・トーマスの3人で、この歌の作曲はメンバーのロイド。シャンテルズは1975年から79年まで活動をした。日本では超無名のバンド。もちろん僕も知らなかった。ハワイでもそうだと思うのだが。もしピュア・ハートがレコーディングをしなかったら、この名曲と出会うことはなかっただろう。いったい、どういう経緯でこの歌をセレクトしたのだろうか。機会があったらジョンに直接聞いてみたい。

 

ちなみに、元祖女性R&Bコーラスグループであるシャンテルズとは、もちろん関係ない。こちらの英語スペルは、エルがひとつ少ないThe Chantels。

 

追記:おかげさまでジョン本人に聞くことができました。

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.