JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

E Ola Ke Aliʻi Ke Akua

by William C. Lunalilo

 

Ke akua mana mau

Hoʻomaikaʻi, pōmaikaʻi

I ka mōʻī!

Kou lima mana mau

Mālama, kiaʻi mai

Ko mākou nei mōʻī

E ola ē!

 

Ka inoa kamahaʻo

Lei nani o mākou

E ola ē!

Kou ʻēheu uhi mai

Pale nā ʻino ē

Ko mākou pule nō

E ola ē!

 

I mua ou mākou

Ke aliʻi o nā aliʻi

E aloha mai

E mau ke ea ē

ʻO ke aupuni nei

E ola mau mākou

Me ka mōʻī

エ・オラ・ケ・アリイ・ケ・アクア

対訳:神保 滋

 

 

<解説>
後のハワイ王国第六代国王となるルナリロが作詞した。

1860年、カメハメハ四世は国歌を作りたかった。メロディは、イギリスの国歌である「God Save the King」と同じと決めていた。必要なのは歌詞のみであった。そこで、歌詞を公募をすることにし、カメハメハ四世主催の国歌作詞コンテストが開かれた。条件はもちろん、イギリス国歌「God Save the King」のメロディに乗せることだった。子供の頃から詩を書くのが好きだったルナリロは、友人の薦めで応募した。当時ルナリロは25歳。歌詞は20分ほどで書き上げられたという。コンテストでルナリロは見事優勝し、賞金の10ドルを獲得した。そして、この歌がハワイ王国初の国歌となった。

1873年1月9日、カヴァイアハオ教会でルナリロの戴冠式が行われた。国歌は先代のカメハメハ五世のときに、リディア・カマカエハ(後のリリウオカラニ)が作曲した「He Mele Lāhui Hawaiʻi」(1866年)にとって変わられていた。しかし、戴冠式に参列した人々が歌ったのは、13年前にルナリロじしんが作詞した「E Ola Ke Aliʻi Ke Akua」であった。

 

後にマクア・ライアナことロレンゾ・ライオンがこの国歌を英訳をしている。以下はその英訳詩。

Eternal, mighty God

Bless from Thy bright abode

Our Sov'reign King

May Thy all powerful arm

 Ward from our sire all harm

Let no vile foe alarm

Long may he reign!

 

Royal, distinguished name

Our beauteous diadem

Long life be thine

Thy wing spread o'er our land

From every foe defend

For thee our prayers ascend

Long live our king!

 

Before Thee

King of Kings

Of Whom all nature sings

Our prayer we bring

Oh let our kingdom live

Life, peace and union give

Let all Thy care receive

Bless Thou our King!

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.