JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

E Kuʻu Sweet Lei Poina ʻOle

by Emma Alexandria K. de Fries

 

E kuʻu sweet lei poina ʻole, ʻeā

Lei nani i ka wēkiu

E never fading bloom iā ʻoe, ʻeā

E kuʻu sweet lei poina ʻole

 

Kuʻu pua kuʻu lei nani mae ʻole, ʻeā

Ke ola mau loa e kuʻu lei

Ke kali aku nei iā ʻoe, ʻeā

E hoʻi mai kāua lā e pili

 

E kuʻu sweet lei poina ʻole

エ・クウ・スウィート・レイ・ポイナ・オレ

対訳:神保 滋

 

私の愛しいレイ、忘れられぬ

美しいレイ、この世で最も

決してしぼまない花、あなたは

私の愛しいレイよ、忘れられぬ

 

私の花、大事なレイ、しぼむことのない

その命は永遠に、愛しいレイよ

待っています、あなたを

ここにきて、一緒になりましょう

 

愛しい私のレイよ、忘れられぬ

<解説>

オロマナは、ジェリー・サントスとロバート・バーモントのふたりによって1973年に結成された。エ・クウ・スウィート・レイ・ポイナ・オレは、彼らのサードアルバム「Come To Me Gently」(1981)に初めて収められた。アルバムのブックレットには、この歌は1980年1月にアンティ・エマによってロバートの誕生日にプレゼントされた、とある。ロバートとは、ロバート・バーモントのことだ。アルバムにはバンドメンバー5人が椅子に腰掛けたアンティ・エマを囲んだ写真が載っている。このときのエマは70代のはずだがとても若く見える。その彼女を中心に20代の若者たちが笑顔で写っている。エ・クウ・スウィート・レイは女性へのラブソングに見えるが、実際は女性が若者へ贈った歌であった。

オロマナはこのアルバムで翌年のナー・ホーク賞で6部門受賞を果たす。その中に、エ・クウ・スウィート・レイに対するハクメレ(作曲)賞もあった。バンドとしてまさにこれからという1982年にロバート・バーモントは他界してしまう。しかし、ジェリー・サントスはオロマナの活動を続けた。2013年の時点で、オロマナは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタパ・バーで毎週演奏をしている(オロマナではないがディズニー・アウラニ・リゾートでもジェリー・サントスの演奏が聞ける)。この歌は様々なミュージシャンがカヴァーをしているが、機会があったらジェリー・サントスが歌うエ・クウ・スウィート・レイを、ぜひ生で聴きに行ってほしい。

 

なお、作者のアンティ・エマことエマ・デ・フリーズは、フランク・ヒューエットのフラの先生だった方だそうです。K. で省略している彼女のミドルネームはとても長くKalanikauʻikaʻalaneokilioulaninuiamamaohoʻopiʻiwahinekeakaleihilinaka。

 

追記

2016年10月の時点で、オロマナ(ジェリー・サントス)は同じ場所で演奏を続けている。くわしくは彼のサイトをご覧ください。

http://www.olomanamusic.com/

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.