JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

Aliʻipoe

by William Makaʻehu

 

ʻUpu aʻe ka manaʻo nou e ke aloha

Kuʻu ipo hoʻoheno o ke aumoe

Ua pili, ua paʻa e haliʻa ka manaʻo

I ka hana mao ʻole nei puʻuwai

 

A he waiwai nou e ke aloha

He uʻi he nohea i kuʻu maka

E kilohi iho au, ka waiho kāhela

O Hāʻupu i ka maka o ka ʻōpua

 

A he pua i wili ʻia me ke ʻala mokihana

Hoa pili o maile lau liʻi

ʻAʻole nō he lua e like aku me ʻoe

Onaona i ka ihu ke honi

 

Haʻina ʻia mai ana ka puana

Kuʻu ipo hoʻoheno o ke aumoe

ʻO ʻoe aʻo wau i ka pō laʻilaʻi

I ka malu o ka lau aliʻipoe

アリイポエ

対訳:神保 滋

 

 

対訳中

<解説>

作者のウイリアム・マカエフは、カウアイ島ナーヴィリヴィリの牧師さん。

 

一番の歌詞を「mau ʻole」と歌うミュージシャンも多いが、もともとは「mao ʻole」だと思う。僕の推察だが、歌詞の「ka hana mao ʻole」のフレーズは古いチャントの一節「Hana mao 'ole ka ua o Hilo」を引用したのでないだろうか。意味は、降りやまないヒロの雨。maoは雨があがるという動詞で、否定のʻoleがつくから降りやまないとなる。これは降り続く雨にちょっとうんざり、という感情を表している。

ただ、この歌の舞台はカウアイ島なので、”カウアイの雨のように、いやになるくらい、いつまでたってもその思いは心に浮かんできてしまう”という作者の思いが込められているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.