JIMBO, Shigeru next planning Visual Image, Hawaiian Culture and Music

ʻAkahikuleana A Ka Piko

(ʻAkāhikuleanaakapiko)

na Frank Kawaikapuokalani Hewett

 

He aliʻi nui ʻoe e kuʻu ipo

Nāu ʻAkahikuleana a ka piko

(Nāu ʻAkāhikuleanaakapiko)

 

 *O luna, o lalo

   O uka, o kai

   O kuʻu nui kino

 

Kapu ka pali lele manu o Līloa

Ua haku ka ipo na kuʻu aloha

 

 *huli

 

Ua ʻeha ʻia i ka maka o ka ihe

Kū ke aliʻi kūnou ke kanaka

 

 *huli

 

Lei kāua i ke ānuenue

Hoʻokahi i ka pono a ke kilohana

 

 *huli

アカヒクレアナ・ア・カ・ピコ

対訳:神保 滋

 

 

 

<解説>

アカヒクレアナは、ハワイ島の12代目の王リーロアと結婚をしてウミアリーロアを産んだ。ウミアリーロアは後に14代目の王となる。ウミアリーロアはリーロア王のウミという意味。

 

様々なミュージシャンがレコーディングをしている。後に、作者のフランク・ヒューエットも2004年発表のアルバム「ULU KAU」に収録をしたが、そこでの表記はワンワードのアカーヒクレアナアカピコ(つまりこれが名前)となっている。また、二つ目のaにカハコーがついている。アカーヒクレアナアカピコという名前では今のところ資料が見つからないが、彼女の父親はクレアナアカピコ(Kuleanaakapiko)という名前であることがわかった。

 

彼女の名前には、アカヒアクレアナ(ʻAkahiakuleana)という記録もある。ウミアリーロアがリーロアのウミ(ʻUmi a Līloa)であるのと同じように、クレアナのアカヒ(ʻAkahi a Kuleana)ということ。彼女の父親がクレアナアカピコなので、そこから名付けられたのだろう。

 

2007年発表、ホークー・ズッタマイスターのアルバム「ʻĀina Kūpuna」では、アカヒクレアナ・ア・カ・ピコと分けている。

 

 

 

 

 

 

Copyright NEXT PLANNING 2013 All rights reserved.